人生の名脇役

こんにちは。

 

相変わらずブログの入り方が分かりません。

毎度、卒論か?ってくらい長くなることを反省し今回はさくっと本題へ。

 

突然ですが皆さん。

 

SexyZoneのNEWアルバム「XYZ=repainting」に収録されている

 

名脇役

 

聴きましたか???????????

 

聴いた方へ

 

この曲あまりにも

 

しんどすぎないですか??????

 

IQ2のヲタクがただひたすらに名脇役ってしんどいよね!!!っていうことをつらつら書いていくだけの何の生産性もないブログです。宜しくお願い致します(?)

 

まず、これはTwitterにも書いたのですがこの曲、イントロがほぼないんですよね。アウトロに関しては一切ないです。そんな中で勝利のソロパートは一番最初と一番最後のみ。すごい珍しいパート割だなって思いました。この曲、4:55というほぼ5分の長さなんですけど勝利のソロパートはトータルで1分もないくらいという。ただ、このおかげでめちゃくちゃ勝利の声が映えるんですよね。

 

もうその時点でまずしんどい。A MY GIRL FRIENDの勝利の歌声大好き芸人なので本当にここ好きです。勝利で始まって勝利で終わるっていうのがSexy Zoneっぽいなってよく分かりませんが思いました。

 

とりあえず一番しんどいのは歌詞なので。歌詞の話にいきます(唐突)

 

どこにいても 何をしていたとしても

君のことばかり思い出し

おとなしく苦しんでるよ

 

どこにいても何をしてても君のことを思い出して「おとなしく苦しんでる」ってやばくないですか。しんどい。好きな人のこと思い出しては苦しんでいるんですよね…普通は楽しかったりすると思うのに。苦しむくらいには君が僕を好きになる可能性がないことを分かってるんだなと思うと、第1しんどいポイントですね(早い)

 

なぜなのでしょう

告白したわけじゃないのに

別にフラれたわけじゃないのに

僕はなぜ苦しむんでしょう

 

この歌、僕は失恋したも同然の環境にいるものの別に失恋ソングではないと勝手に思ってるんですけど。そう思うまず1つの理由がここなんですよね。告白もしてなければフラれたわけじゃない。でも苦しい。って!!!!はあ~~~。どんだけ女の子のこと好きなのよこの僕は。

 

個人的に「別にフラれたわけじゃないのに」のマリウスの歌い方がめちゃくちゃ刺さる。めちゃくちゃ好き。

 

「それはたぶん わかってるから」

ってそれさえもわかりたくない

もういっそ もうずっと

 

ここ、「それはたぶん わかってる」ことが何なのか明示してないんですよね。まあ、95%くらいの確立で「君が僕を好きになることは絶対にない」ことを分かってるってことだと思うんですけど。っていうかそうでしょ。知らないけど。

 

好きにならないことを分かってるってことさえも分かりたくないって良いですよね。切実さが伝わる。

 

思い出したくもないよ

なんて思えば余計にもっと

身体でも頭でもない心が動くの

困らせないでよ 苦しくさせないでよ

そんな風に優しくすんなよ

 

ここ、多分この前の「もういっそ もうずっと」の部分と繋がってると思うんですけど君が僕を好きになることは分かってるけど分かってるってことを分かりたくない、何ならもういっそのこと、もうずっと思い出したくもない…って思えば思うほどに心が動く…うう…しんどい。頭ではそんな風に思っててもやっぱり好きだし。だからこそ困らせないで、苦しくさせないで、優しくしないでって…。

 

相手の女の子どんだけなん?!!?会わせてくれよ←

 

ここの健人くんの「すんなよ」が控え目に言っても最高。というかこの曲の健人くんの歌い方が大好きすぎる。自分でも"名脇役はいつもと違う歌い方になった"って言ってるけど本当に全然違ってびっくりした。

 

なんにも知らないくせして

「どうしたの?」なんか聞いてくんな

他でもない君でこんな始末になってるんだよ

なんて言えるわけもない僕はいつもと

同じ顔で言う「なんでもないよ」

 

風磨くんは本当にこういうバラード歌わせたら最強だなあと思った。このパート聴いて。まじで天下取れる。 1番と2番のサビはどっちもふまけんが歌ってるのもめちゃくちゃ良いですよね…ふまけんの歌い方って正反対だと思うので。

 

この曲の好きなポイントにふまけんと歌い方の違いが顕著に表れているところっていうのも1つあるんですけど。サビで2人のソロパートが続くのでとても分かりやすい。

 

専門的なことは何も分からないので多分そういう言い方しないとは思うんですけど、健人くんの歌い方が動だとしたら、風磨くんの歌い方って静だと思うんですよね。というか、健人くんはクレッシェンドが上手いし風磨くんはデクレッシェンドがものっそい上手い。声量というよりもどちらかと言ったら気持ちの持って行き方なんですけど。

 

健人くんって気持ちを高めていくのが凄く上手くないですか。逆に風磨くんは気持ちを静めていくのがめちゃくちゃ上手い。バラードでの風磨くんの最後に少しだけ余韻を残して歌う歌い方が本当に好きなんですよねえ…。

 

「世界探したら 星の数ほど他にもたくさん女の子はいるから」

なんてこと 聞いた気するけど

それなのにどうしてだろう 君がいいのは

いや、答えなんかはいいんだ

ただちょっと

 

星の数ほど女の子がいても付き合うことは難しそうな君がなんでこんなに好きなんだろうって問いかけるのしんどい…しかも最終的に「答えなんかはいい」って…君が良いと思う理由なんて他の誰よりも自分がよく分かってるもんなあ(涙)

 

健人くんの「答えなんか」「なんか」の歌い方な。好き。

 

目が合ったくらいでいつも

「もしかして…」なんて思ってしまって

あまりのバカさに思わずもう笑えてくるよ

きっと何の意味も持たないその仕草に

僕はまた振り回されんだよ

 

ちょっと目が合ったくらいで「いつも」可能性を感じる僕の健気さよ…えーん。でも分かる。めっちゃ分かる。目が合ったら「あれ、私のこと好きなんじゃ…?」って思う経験絶対あると思う。相手が好きな人なら。でも向こうからしたら別になんの意味もないんだよなあ~~~苦しい。

 

あと、ここ「きっと」何の意味も持たないって言ってるのめっちゃクる。「どうせ」とかじゃなくて「きっと」なんですよね。結局、僕は0.1%くらいはもしかしたら意味のある仕草なのかも…って信じたい感じが伝わってきてつらい。

 

なんにも知らないくせして

「なんで笑ってたの?」って言うな

他でもない君でこんな始末になってるんだよ

なんて言えるわけもない僕はいつもと

同じ顔で言う「え?笑ってたかな?」

 

ここの健人くんめっちゃ好き!!!!!!!!!「なってるんだよ」「かな?」の歌い方が非常に最高なので毎度集中して聴いてしまう。

 

というかここ、君と目が合う度にもしかしたらって期待する自分のことを「俺、バカだなあ(苦笑)」って呆れ笑いする僕を君に見られて「なんで笑ってたの?」って聞かれるのやばい。まじで君の罪深さハンパない。しかもそう聞かれて正直に答えられるわけもなくて「え?笑ってたかな?」ってとぼけるの切なすぎて…

 

君の友達ランキングだったら

僕はナンバーワンを取っているんだろうか ならば

もしも「親友に抱く感情が好きに近い」が本当だとすれば、君は僕を

 

ここ、とても好きな部分です。君の友達ランキングで僕はナンバーワンってことは君にとっての僕は親友だと思うんですけども。 単に仲の良い親友だから君が僕を好きになることはないって感じてこんな風に考える男もそうそういないと思うので(知らないけど)多分、女の子にはまた別に好きな人がいて、その人のことで僕はめちゃくちゃ相談を受けているんだろうなあと私は勝手に解釈しました。

 

特に君に好きな人がいる描写はないんですけど。でも、じゃなきゃこんな苦しまなくないです?好きな人に、好きな人の相談を受けて「本当あんたは最高の親友だよ!」とか言われなきゃここまで思い詰めることはなさそう。

 

あと、ここだけ「君は僕を」で終わらせて続きがないんですよね。聴いてる人の数だけこの先に続く言葉があるんですよ。ほんっっとにずるい。ここまじでずるい。君は僕を「好き」っていうことを言いたいことは明らかなんですけど決して自分では言わないところずるすぎる。

 

私は、君は僕を「本当は好きだったりして」とかだと思うんですけども。ここに続く言葉について色んな人の意見知りたいからみんなブログ書いて←

 

松島くんパートなのも本当にずるい。めちゃくちゃ合ってる。無理矢理にでも理由つけて君が好きな僕を諦めなくても良い口実を探してる感じがめっちゃする。

 

また同じ”たられば"を繰り返して"友達"という肩書き背負って

なんとかギリギリ君の隣にいられるのです

なにかしらの間違いでいいから

僕のものになってくれないかなあ

 

ここのふまけんパートは良すぎて何も言えない。一番好きな部分です、ここ。

 

友達としてなんとかギリギリで君の隣にいるくせに!結局「僕のものになってくれないかなあ」って言っちゃうとこ!!そういうとこ!!!(?)

 

これしかも何って「何かしらの間違いでいいから」って。いや、しんどすぎる。後半2行は思わず出ちゃった心の声って感じがするくらい、めちゃくちゃ切実さがある。プラス風磨くんの歌い方よ。あんな絞り出すように歌うのさすがにずるすぎる。無理。しんどい。

 

忘れさせてもくれなくて

むしろ忘れたくなんかないって

身体でも頭でもない心が言うのです

だからもう困らせてよ 苦しくさせていてよ

そんな風に優しくしといてよ

なんにも知らないくせして

「どうしたの?」なんか聞いてくんな

他でもない君でこんな始末になってるんだよ

なんて言えるわけもない僕はいつもと

同じ顔で言う「なんでもないよ」

 

ここから初めての5人パート!!!!!!ここまで「困らせないで」「苦しくさせないで」って言ってたのに。困らせて、苦しくさせていてって開き直っちゃう僕の悲しさよ…。君のこと好きって気持ちを忘れたいのに結局忘れようと思えば思うほど、忘れたくないってどんどん好きになっていっちゃうから、それならもういっそこのまま困らせていて、苦しくさせていて、優しくしておいてって。

 

え、しんどい。

 

しかもここを5人で歌うのがやばい。もうここまで来ると語彙力の低下どころじゃない。やばい、無理、しんどいしか言えない。

 

まあそんなこと言っておきながらも、「どうしたの?」なんて聞いてくんなって強がっちゃうとこだよね。困らせて苦しくさせて優しくしておいても良いけど、でも、「どうしたの?」って聞いてほしくはないんだよな…いや切な…。

 

しかも散々言っておいて最後まで君に本当の気持ちは伝えられずに今日もまたいつもと同じように「なんでもないよ」って言っちゃうあたり、主役には到底なれない名脇役な僕なんだよな~~!!!!!

 

そんなことばっかを 考えていること

君が知るのは いつになるかな

 

「君が知るのは いつになるのかな」ってこれ、君が僕を好きになって僕が「実はあのときこんなことばっか考えてたんだよね(笑)」なんて言える未来を想像してると私は解釈したんですけども。本当にどこまでも君を諦められなくて君が好きになってくれる未来を期待してる僕があまりにも悲しくてつらい。

 

 

この曲、というかアナタノセイデもそうなんですけど。とりあえず男がありえん女々しい←

 

ただ、恋してる男の頭の中のグチャグチャした言葉を思いつくがままに書いてるみたいな歌詞でそこがめちゃくちゃ沁みる。良い意味で口語的な歌詞。JKとか好きそう(私はJKではないが好き)

 

これ、主人公は本当は僕だと思うんですけど、そうなると自分で自分を名脇役って言ってるってことなんですよね。僕の中では君が主役で、ヒーローは僕ではない彼。主人公(君)と、ヒーロー(君の好きな彼)がいて、僕がいる構図っていう感じですかね。多分。

 

この歌での「名脇役」ってヒロインの中で強く思い出に残ってる人って感じだと思うんですよね。ヒーローにはなれないけど、でもヒロインにとっては必要な人。という立ち位置の僕。それで良いと思う僕。

 

んんんん、なんとも切なすぎる…。

 

とにかく名脇役しんどいbotになりそうだったのでブログにまとめてみたんですがビックリするくらい「しんどい」しか言ってない。頭が悪い。

 

あと、このアルバムではPEACH!も好きですね~~!!!!!!名脇役とは言うなれば正反対の恋に恋してるような可愛い女の子の曲でめちゃくちゃ好き。ベビーピンクのルージュ塗る島くん!!!!好!!!!!!き!!!!!!!!!!!(テンション)

 

とりあえず何って、人類はみなアルバムを買ってくれよってことです(雑)

 

XYZ=repainting(初回限定盤A)

XYZ=repainting(初回限定盤A)

 

 

 

XYZ=repainting(初回限定盤B)

XYZ=repainting(初回限定盤B)

 

 

XYZ=repainting(通常盤)

XYZ=repainting(通常盤)

 

 

…まとめ方下手すぎでは??

 

終わり。